がんとハイポキシア研究会

第14回 がんとハイポキシア研究会

[ 第1回研究会 京都 | 第2回研究会 筑波 | 第3回研究会 大阪 | 第4回研究会 京都 ]
[ 第5回研究会 千葉 | 第6回研究会 広島 | 第7回研究会 京都 | 第8回研究会 札幌 ]
[ 第9回研究会 東京 | 第10回研究会 横浜 | 第11回研究会 仙台 | 第12回研究会 佐賀]
[第13回研究会 静岡] | [第14回研究会 岐阜]

第14回がんとハイポキシア研究会

~諸刃の剣、酸素を巡る生命科学を解明するケミカルバイオロジー~
共催:新学術領域「酸素生物学」

日時:  2016年11月4日(金) 11:30受付/12:00開会~5日(土)14:20頃閉会

場所:  岐阜グランドホテル (〒502-8567 岐阜県岐阜市長良648番地)
     アクセス http://www.gifugrandhotel.co.jp/access/

参加費等(予定):
 
参加費(宿泊費含) 一般12,000円 学生6,000円、懇親会費 一般 6,000円 学生1,000円  

※ 原則として相部屋になります。部屋割りはスタッフに一任頂きます。
※ ご夫婦の参加等でツインルームをご希望の場合には連絡欄にその旨記載してください。
※ シングルルームご希望の場合も連絡欄に記載してください。その場合、追加料金(6,150円)が必要です。ただし、数に限りがありますので、すべてのご希望に添えない場合があることをご了承ください。
第14回 がんとハイポキシア研究会のご案内
本年4月14日から熊本県や大分県で発生した一連の地震、および豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 連日、真夏の暑さが続いているこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか? 第14回がんとハイポキシア研究会の概要と参加登録のご案内を申し上げます。

【参加費等についてのお願い】 今回は合宿形式での研究会を企画して頂いております。ホテルの予約の必要から、参加登録を早めに開始したいと思います。以下の参加申込方法をご参照ください。
参加登録期間: 2016年7月10日(日)~10月28日(金)
ポスターに記載されている参加費等では、便宜上研究会参加費と宿泊費を分けて記載させていただいておりますが、参加費のみの受付は、原則行っておりません。参加費・宿泊費一括でお支払い頂けますようお願い致します。一日のみの参加の場合、および、シングル部屋の利用をご希望の方は、参加登録時にご連絡お願い致します。
また、一週間前を過ぎるとキャンセル料が発生しますので、参加登録後に変更があった場合には速やかにご連絡下さい。

がんとパイポキシア研究会会員各位

この度の熊本・大分地域での大地震発生により、被害に遭われた先生方には、心よりお見舞い申し上げます。
 
昨年開催された第13回研究会は、三島市の国立遺伝学研究所において、情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンターの 坊農 秀雅 先生に、「データベースとハイポキシア研究」をテーマとして、ライフサイエンス研究に不可欠となったデータベースの活用を中心としたシンポジウム(新学術領域:酸素生物学との共催)を開催していただきました。ウェット研究者がライフサイエンス分野の様々なデータベースを使いこなすための基礎知識や先端研究に関する有用な情報を得る事ができました。

第14回は、岐阜薬科大学 創薬化学大講座薬化学教室の 永澤 秀子 先生に運営委員をおねがいし、下記のような日程で開催予定です。
今回は当研究会初の試みとして一泊二日の合宿セミナーを企画し,本会の特徴である多様なバックグランドの研究者が一同に介して,活発な情報交換や交流を図る機会としたいと考えております。シンポジウムでは「諸刃の剣、酸素を巡る生命科学を解明するケミカルバイオロジー」をテーマとして,新学術領域:酸素生物学との共催のもと,地球上の生物にとって切っても切れない酸素との関わりを様々な視点から議論したいと思います。夜通し語り明かすも良し。親交を深めながら、研究を深めて頂ければ思います。ぜひ早めに日程を押さえて頂き、ご参加頂けます様お願い致します。
尚、本会ではPoellinger先生(カロリンスカ研究所)追悼シンポジウムを企画しております。Poellinger先生は本研究会に多大な貢献をいただきましたが、本年3月に急逝されました。その功績を称え、お人柄を偲びたいと思います。

<研究会開催予定>

11月4日(金)
11:30 受付開始
12:00 開会/諸案内
12:30 シンポジウム
16:00 コーヒーブレーク
16:15 ポスターアピール
17:15 ポスターディスカッション
19:15 懇親会
11月5日(土)
9:00 Poellinger先生
追悼シンポジウム
10:00 休憩
10:10 企業プレゼン/
ポスターアピール
11:30 ポスターディスカッション
13:00 ランチョンセミナー
14:15 次回 開催案内/閉会式
14:30 岐阜駅行きバス出発




プログラム
プログラム




第13回研究会協力企業リスト
第14回研究会協力企業リスト

大鵬薬品
アズバイオ オリエンタル酵母工業株式会社
CELLSPECT

第14回研究会ポスター
第14回研究会
ポスター







企画シンポジウム
「諸刃の剣、酸素を巡る生命科学を解明するケミカルバイオロジー」

●京都大学大学院教授 森 泰生先生
「酸素とイオンチャネル」

●東北大学大学院教授 赤池 孝章先生
「活性イオウ産生酵素の発見:ミトコンドリア形態形成とエネルギー代謝の新しいメカニズム」

●群馬大学大学院教授 飛田 成史先生
「小分子発光プローブを用いた細胞・組織内酸素センシング」

●名古屋市立大学大学院教授 中川 秀彦先生
「ガス状分子のケージド化合物による生体応答の光制御」



参加申込方法

2016年7月10日(日)~10月28日(金)までに
このファイルに記入し、下記送付先へご送付ください。

※演題登録希望者で発表時間に不可能な時間帯がある場合や、宿泊に関してシングルルーム希望等がありましたらその旨記載下さい。
※宿泊日一週間前を過ぎるとキャンセル料が発生しますので、参加登録後に変更があった場合には速やかにご連絡下さい。
※申込の受信後、約一週間以内に受取確認のメールを送信致します。確認メールが届かない場合は、再度ご送付いただきますようお願い致します。



演題募集要項

一般演題 ポスター + ポスターアピール(口演3分程度)

演題を、以下のテーマで募集致します。
テーマ1:癌の微小環境
テーマ2:低酸素がん細胞の生物学
テーマ3:低酸素がん細胞の診断・治療
テーマ4:がん細胞のケミカルバイオロジー

演題受付期間:   2016年10月1日(土)~10日(月)
受付期限の延長はありません。

※抄録は、この様式 に従ってご記入ください。
※Key wordとテーマ1~4の記入をお願いします。
※抄録集はPDF配信しますので、「α」等文字化けしないようご入力下さい。



送付先

事務局アドレス  <can.hypoxia.res gmail.com>


第14回がんとハイポキシア研究会運営委員
 岐阜薬科大学 創薬化学大講座薬化学教室 永澤 秀子

がんとハイポキシア研究会世話人
 東京工業大学生命理工学院 近藤 科江
 大阪府立成人病センター 井上 正宏
 広島大学原爆放射線医科学研究所 谷本 圭司
 関西医科大学医学部 広田 喜一
      
               

広告・機器展示募集
趣意書 pdf
趣意書

【募集内容】

広告 pdf
広告申し込み
  • 一口(A5 サイズ横長):5万円
  • がんとハイポキシア研究会第14回ホームページ上バナー広告、参加者へのメール配信抄録集内広告掲載

    ※なお、抄録集へはA4サイズ(縦長)を上下に分割しA5サイズ(横長)にて掲載致します。

機器展示 pdf
機器展示申し込み
  • 一口(会議机2台分程度スペース):5万円
  • 当日会場での機器展示、ご希望により数分間プレゼンテーション
  • がんとハイポキシア研究会第14回ホームページ上および参加者へのメール配信抄録集への社名掲載

    ※間近になりましたらお申込み担当者様宛にスペース、搬入等についてのご連絡を差し上げます。

ポスター展示 pdf
ポスター展示申し込み
  • ポスターパネル(A0)1枚(発表時間有):2万円

    ※なお広告お申し込み以外にも趣旨に賛同し、運営費としてご協力いただける場合は別紙申込書にてお申し込みをお願い致します。

ランチョン
セミナー
pdf
ランチョンセミナー申し込み
  • 演者指定:10万円
  • 演者研究会お任せ:5万円

寄付 pdf
寄付申込書

趣旨に賛同し、ご協力いただける場合は申込書にてお願い致します。

【振込方法】

三菱東京UFJ 銀行 町田支店 普通預金
店 番:228
口座番号:0536076
口座名:がんとハイポキシア研究会 代表 近藤科江(コンドウシナエ)

【広告原稿送付・お問合せ連絡先】

第14回 がんとハイポキシア研究会 事務局
E-mail:can.hypoxia.res  gmail.com
スパム対策のため@マークを画像にしています。