menu

第16回がんとハイポキシア研究会

第16回がんとハイポキシア研究会 概要

 

@cancer_hypoxia

  • ハッシュタグ: #cancer_hypoxia2018

 

プログラム

シンポジウム「腫瘍内で暗躍する細胞たち -TAMとCAFのバイオロジ-」

  • 「がん関連線維芽細胞の多様性とがん間質の虚血との関わりを探る」
    榎本 篤 先生(名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍病理学)
    「癌内線維芽細胞と上皮間葉移行の可塑性」
    折茂 彰 先生(順天堂大学医学部病理腫瘍学講座)
    「がんにおけるマクロファージの役割:細胞間相互作用の重要性」
    菰原 義弘 先生(熊本大学医学部細胞病理学分野)
    「がん幹細胞を起源とするCAF(仮)」
    妹尾 昌治 先生(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科)
    「転移巣にTAMを呼び寄せるメカニズムとそれを阻害する既存薬」
    中山 敬一 先生(九州大学生体防御医学研究所分子医科学分野)

講演者名の五十音順

詳細は後日アナウンスいたします

———-テクニカルセミナー———-

  • 「ヒト肺線維芽細胞の分離培養からex-vivo解析まで」
    十合 晋作 先生(順天堂大学大学院医学研究科呼吸器内科学)

参加費・懇親会費

  • 後日アナウンスいたします

参加登録

後日アナウンスいたします

演題登録

後日アナウンスいたします

第16回 がんとハイポキシア研究会

  • 運営委員 
  • 竹永 啓三(千葉がんセンター)
  • がんとハイポキシア研究会
  • 世話人
  • 近藤 科江(東京工業大学生命理工学院)
  • 井上 正宏(京都大学)
  • 谷本 圭司(広島大学原爆放射線医科学研究所)
  • 広田 喜一(関西医科大学)
  • 問い合わせ窓口:can.hypoxia.res [at] gmail.com